トップページ > 遺品整理と形見分け
遺品整理と形見分け

遺品整理をするときには、親族が集まって何をどう処分するのかを話し合うことが多いようです。故人との思い出を大切にしたいという遺族も多いでしょうから、それも当然かもしれませんね。遺品整理は家電製品や家具、衣類など多岐に及ぶため、親族だけで行なうには限界があり、専門の業者に依頼することも多いようです。

しかし、故人との思い出を懐かしむためにまず遺族が形見分けという形で遺品を持って帰ることも少なくありません。他人から見れば価値の低い物でも、親族や家族にとっては故人との関係を懐かしむ思い出の品になっていることがあるからです。親族が形見分けの品を持って帰った後に、業者に整理を依頼するとスムーズに物事が運びます。

関連エントリー
Copyright © 2009 遺品整理ならお任せください【兵庫県版】 . All rights reserved