遺品整理ならお任せください【兵庫県版】
遺品の整理をする時は?

悲しみの中で故人の思い出が沢山詰まった物を処分していくのは辛い作業ですよね。感情的に圧倒されてしまい、遺品整理が自分では出来ないという人も多いはず。そんな場合は専門業者に遺品処理をお願いしてみてもいいのではないでしょうか。

遺品整理とは?

遺品整理とは、亡くなられた方の持っていた物品を整理・処分することです。財産を持っている人が亡くなると、親族の中で相続をすることになりますが、多くの場合考慮の対象になるのは預金口座などにある現金と土地ではないでしょうか。それに対して遺品整理とは、遺産のうち土地などの不動産を除外した動産に関して使われることが多いようです。

故人によっては亡くなる直前まで普通の生活をしていることもあり、生活に関わるありとあらゆる物品が遺されていることもしばしばあります。家電製品や家具、食器、書籍などが対象になりますが、本当に急に亡くなった場合などは生鮮食料品なども残されていることがあります。そのため遺品整理は簡単にはできないこともあるのです。

遺品整理の注意点

遺品整理をするときには考えるべき注意点もあります。それは、専門業者に遺品整理を依頼するときには事前に良く業者を選ぶということです。というのは、親族や友人が亡くなって、葬儀等でばたばたしている中で適当に業者を選んでしまうと、相場よりも大幅に値段が高い業者であったり、整理が終わってから追加料金を請求してきたり・・・ということが時折生じるからです。

こうした事態を避けるには、きちんと事前に複数社から見積もりを取り、何がその料金に含まれるのかを確認することが必要です。また、インターネットの口コミなども参考になるでしょう。遺族の思いを尊重してくれる、質の高い遺品整理業者もありますから、是非検索してみてくださいね。

遺品整理の時期

遺品整理は故人の遺した物品を整理・処分することです。では、遺品の整理はいつごろの時期に行なったらいいのでしょうか。

遺品整理と一口に言っても様々な物がありますし、ケースごとに状況も異なります。例えば、故人が急に亡くなったような場合は冷蔵庫の中に生鮮食料品が残されていることもあり、そういった物品は早急に処分したほうがいいでしょう。また、賃貸マンションなどに故人が住んでいた場合も、なるべく早めに引き払ったほうがいいですから、当然遺品整理も早い時期に行なうことになります。

一方で、持ち家に住んでいる場合は特に遺品整理を急いで行なわなければならない理由はありません。葬儀が終わり、ある程度悲しみが癒えてから取り掛かっても特に問題はないでしょう。

Copyright © 2009 遺品整理ならお任せください【兵庫県版】 . All rights reserved